読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

父を連れて談山神社と壺阪寺の紅葉へ ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.11.21

秋の三連休初日。父を連れて奈良へ行ってきました。病気がちな父はなかなか一人での遠出が難しく、紅葉が好きな父にはこの時期で出歩けないのは辛そうでした。ちょうど予定も空いていたのでたまには親孝行をと連れ出して奈良の談山神社へ。40年ほど前に来たそうですが、どんなところだったか記憶はないとのこと。訪れてみると、懐かしいような、こんなところやったかなぁと記憶を取り戻せないもやもやとが混ざった不思議な感覚だっとそうな。自分も40年後に同じことをいってるんでしょうか・・・・

泉大津からは車で約1時間強。南阪奈道を通ると意外と近いです。羽曳野-太子感が5kmほど渋滞していましたが、詰まるほどではなくしばらくするとスムーズに進みました。紅葉のピークが予想される3連休の初日なので大渋滞かなと思ったんですが、意外に拍子抜けでした。この辺りへの観光客は限られるのかな・・・。

駐車場から少し下ったところに参道入り口。お土産物屋や産地野菜などの販売で賑わっていました。奈良漬や葛。奈良ならではの美味しそうなものが並び、見てるだけでも楽しかったです。

人は多かったですが、それでも京都のように溢れかえることはなく。個人的にはこの落ち着いた雰囲気が好きで最近奈良率が高いです。単に行きやすいということもあるのですが。。

鳥居をくぐると傾斜のある階段。父にはちょっと辛そうでしたが、頑張って登っていました。(写真中央したの帽子とスゥエットの男性がそうです^ ^;)

紅葉は正直ピークを過ぎ・・・・というより紅葉が散り始め、それ以外はまだ緑が多いという少し中途半端な感じがしました。こればかりはどうしようもありませんが。

とはいえ山の上の神社と紅葉という組み合わせは静かな情景と綺麗な景色と厳かな雰囲気が織り交じってなんともいえない良さがあります。

何重の塔かな。。数えるを諦めました(笑)見応えあります。

イチョウもこの通り、かなり散っていました。紅葉の落ち葉は大好きです^ ^

この一角だけ赤、緑、黄色のモミジが入り混じっていて不思議な雰囲気が漂っていました。

大迫力の杉の木。ご神木かな。

散ってしまってる木が満開の時期であればもっと見応えあったかな・・・と少しざんねん。

談山神社を1時間くらいぶらりとしたあとは、「明日香の南の方にたしか紅葉の綺麗な寺があったんや」というなんとも曖昧な父の記憶をたどり、ひとまず飛鳥駅のほうへ。ちょうど南に5㎞へ「壺阪寺」の標識があり、「ここかも」というので向かってみることに。

15分ほどでたどり着いた壺阪寺。ここは 「壷阪寺は桓武天皇をはじめ、平安の昔より多くの人々に眼病に霊験あらたかな寺として信仰を集めてまいりました。HPより(http://www.tsubosaka1300.or.jp/pray.html)」 というとおり、眼病に関するお祈りをする場所だそうです。盲老人ホームが併設されており、お寺をあげて取り組みをされているのが伝わってきました。

境内には大小さまざまな仏像があります。非常に見応えがありました。

紅葉はこちらも散り気味。

光と影のコントラストが綺麗でした。

お寺と紅葉の組み合わせはやはり綺麗です。こちらはまだしっかりと葉が残っていました。

眼病予防の祈願をするお寺だけあって、こんなものも^ ^目はいいので潜り抜けはしませんでしたが・・・

ということで奈良の談山神社と壺阪寺への旅でした。紅葉は見頃を超えていたけど、なかなか出歩けない父にとっては良い散歩になったかもしれません。階段が多くてかなりお疲れ気味でしたが・・・

昼ごはんに壺阪寺から30分ほどの場所にある桜井市手打ちうどん屋さん「ぶれーど・う」へ。奈良では珍しい完全手打ちうどんのお店だそうです。八百富写真機店さんがしょっちゅうフェイスブックにアップされるもんですからどんどん行きたい欲が刷り込まれまして・・・

頂いたのはSNSというなんとも不思議なメニュー。もちろんソーシャルネットワークサービスの略ではなく、「S(白ネギ)N(乗せ)S(そば)」だそうで^ ^;閉店されたソバ屋さんの看板メニューを受け継いだものだとか。こちらではもちろんソバではなくうどんですが。美味しかったです。次はベーシックなおうどんも頂きたいなと思います。

※ぶれーど・う店主さんがフェイスブックでシェア頂いておりました。なんと↑のSNSの略が間違っていたという大失態。失礼いたしました。SNSの由来も細くいただいております^ ^

正しくはS(白)N(葱)S(ソバ)ですねシリーズ第n弾(nは任意の数値)さらに(細かい事ですけど)坊城駅にあった中華(台湾?)料理屋さん「蓬莱亭」の人気メニューであった事を付け加えておきますシリーズ第n弾(nは任意の数値)です。はい。... Posted by 手打ちうどん ぶれーど・う on 2015年11月26日

今回の旅路はこちら↓

久々の長旅で父親の疲れが心配でしたが、元気そうでした。何より。 (その代り帰宅した後に私が謎の頭痛でしばらくうなされたのは内緒です。)


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS XF35mmF1.4 R

記事内の写真はgoogleフォトでもご覧いただけます。 https://goo.gl/photos/8Fcyro6hHKFQHaTR6

Instagram