読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

兵庫県神河町にてサイクリング山下り&砥峰高原へ ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.11.3

11月3日、文化の日兵庫県神河町へ行ってまいりました。 目的はこちら↓↓↓

といってもなんのことかわかるはずもなく・・・・ ひとまずこちらの自転車に乗っかっているのはカーミー。神河町ゆるキャラ・・・もとい、妖精です。うさぎではありません。妖精です(大事な事だから2回言いました)

で、何のことかといいますと、こちら神姫バス粟賀営業所さんでレンタサイクルができ、しかもその自転車は山の上まで上げてくれて、下るだけのサイクリングが楽しめるというサービスです。お値段も1600円という非常に有難いサービスです。詳しくはこちら↓

http://www.kamikawa-kankonavi.jp/cycling/

神姫バス粟賀営業所へ集合し、手続きや説明をうけたあと、神姫バス(路線バス、料金は1600円に含まれる)に乗って山の上に向かいます。これだけでも素敵な風景を楽しめます。

バスで30分ほど登ったところにある新田ふるさと村がスタート地点。まずはこちらでお蕎麦を頂きました。お蕎麦も山菜の天ぷらも非常に美味しかったです。

この自転車で全長約20㎞の道のりを下ります。道路だけでなく、こういった橋や森の中なども通ります。曲がり角などに全て案内看板を立ててくれているので迷うことはありません。

途中、自転車を置いて入る観光スポットもいくつかあります。スタート前に頂ける案内図に細かく書いて下さっています。スタートから少ししたところにあるこちら「不動の滝」は見応えがありました。紅葉も綺麗したし^ ^

道路沿いには昔懐かしい感じの民家が続きます。住民の方がいて挨拶をすると、笑顔で返して下さいます。

大蔵六社神社には綺麗に色づいたモミジが。秋を感じます。

そしてこちらが大蔵六社神社の「大杉さん」。樹齢は推定800年だとか。

生活用に作られた橋。

サイクリングコース沿いに流れる越知川は澄んだ綺麗な水が流れる川です。エメラルドグリーンの色が印象的でした。

こうして山を下ること2時間ほど・・・普通のサイクリングならここまで1時間くらいかもしれませんが、いかんせん要所要所で停まって写真を撮るもんですからなかなか進みませんよね。。。休憩はこちら、ぎゃらりー喫茶やまだにて。目玉のシフォンケーキは売り切れで食べれなかったのが残念ですが、偶然開催されていた写真展を見ることができました。

ぎゃらりー喫茶やまださんからは少し道が平坦になるのでこの辺りからは自転車をこいでいかないとなかなか進みません。ここまでが楽すぎたんですが^ ^;

だんだん街中の風景が広がってきて、しばらくするとゴールの神姫バス粟賀営業所さんへ到着。紅葉の景色を楽しみながらのサイクリング、しかもほとんど体力要らず。良い企画だなと感じました。季節によってみられる景色も違うと思いますが、それぞれに楽しいと思います。夏の暑い時期も気持ちいいだろうなぁ。

さて、せっかく神河町まできたのだからと、神姫バス粟賀営業所から車で約40分で行けるススキの名所、砥峰高原へ。去年の曽爾高原(http://nobuyuki-fhotos.info/pentax-q7-36/1030)や生石高原(http://nobuyuki-fhotos.info/pentax-q7-34/965)に続き、今年も夕陽に照らされる黄金のすすきの絨毯が見られるかなと思いましたが時間はすでに遅く・・・。到着したころには丘の上がかすかに照らされている程度でした。

残念ではありましたがこれはこれでまた綺麗な景色でした。次回はぜひとも黄金の絨毯を見てみたいものです。

今回の旅の行程は↓ 大阪駅から車での旅です。


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS

Instagram