nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

ブルームーンに誘われて、毎度同じみ岸和田城へ ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.07.31

7月31日の仕事終わり。会社を出るとちょうと犬鳴山の上あたりに大きな満月が見えていました。少し暗めに撮影しているのでうっすらとしか見えませんが、実際はもう少し明るい夕暮れ時の住宅街になります。月はかなり明るく大きかったです。

月を撮影するときは少し露出を落とし、暗めに撮るとクレーターがはっきり見えて綺麗なのでそうして撮影するのですが、この時間の大きく明るい月をそうやって撮ると、実際に見えている色よりも少し赤く映ります。

で、これを撮った後に気づいたのですがどうもこの日の満月は「ブルームーン」と呼ばれることに気づき、ブルームーンやのに真っ赤に写ってしまった!と凹んでいたのですが、どうやらブルームーンというのはひと月に2度満月を見られる現象をさすそうで、決して青く見えるわけではないそうな・・・・ということで一安心。でもネットではあちらこちらにブルーの満月が。どういうこっちゃと思っていたら、フェイスブックのタイムラインに八百富写真機店さんがアップしたブルーの満月。「ちょっとブルームーンっぽくしてみました(笑」と書いていて合点。ホワイトバランスを調節してブルーに撮っていたそうです。

これに気づいた時点でもう時間が経過して、↑のと同じサイズには撮れないくらいになっていたので仕方ないからカメラ内現像で調整しようと思ったらこんなときに限ってRAWで撮ってなかったという事実・・・・諦めました。

ということで、仕事帰りに綺麗な月を見てしまうと行きたくなるのが岸和田城。月の中に天守閣がすっぽり入る写真が撮れないだろうかと思って来てみましたが、天守閣をすっぽり埋めるにはもうちょっと離れたところから撮らないといけない感じで断念。

しかたなく↓↓↓

なんとか鯱の尻尾を入れることに成功。なかなか風流ではないでしょうか(笑) 月は秒単位で高くなっていくのでこの写真を撮るのにもかなり苦労しました。この手前に木が沢山あって、狙い通りの写真がなかなか・・・10分くらい試行錯誤してなんとか撮れました。本当はトリミングなしで撮りたいんですが、望遠レンズがないフジノンレンズ(あっても手が出ないでしょうが・・・)ではこれが限界かな。200mmならもうちょっと頑張れますけど。

せっかくなのでいつもどおり岸和田城をぐるり。桜の時期のワチャワチャした感じより、この物静かな雰囲気のほうが好きです。

逆さ岸和田城はやはり一番の撮影スポットです☆

岸和田城の過去の記事は↓

nobuo-photolife.hatenablog.jp

nobuo-photolife.hatenablog.jp

nobuo-photolife.hatenablog.jp

nobuo-photolife.hatenablog.jp


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS XF35mmF1.4 R

Instagram