読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

仕事帰りの夕陽撮影 ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.05.9~5.19

日の入りが徐々に遅くなり、仕事帰りにふらっと夕陽を撮影したくなる季節になりました。この十日間で3回。しばらくは夕陽の、下手したら同じ景色が増えるかもしれませんがご容赦ください。いつも言っていますが同じ風景でも見るたびに景色が変わる。そんな夕暮れ時の情景を少しお伝えできればと。

まず3枚、5月9日に撮影した泉佐野防波堤から関空連絡橋を眺めるおなじみの景色。 この日はQ7 も持ち出し、Q7でタイムラプス、X-T1で静止画撮影とダブル構成だったんですが、久しぶりのQ7で設定をミス(マニュアルでなくISOオートになっていたため明るさバラバラ)により動画は失敗に終わりました。いい加減夕陽タイムラプスのこつつかまないと・・・

ということで撮影中のカメラの寂しげな姿と真っ赤に燃える大きな夕陽を。

続いて5月13日。こちらは上の写真と関空連絡橋を挟んで反対側にあるりんくう公園。レンズは単焦点35㎜しか持ち合わせておらず、ズームなしの撮影。この日も上と同じくらい、肉眼では真ん丸な大きな夕陽が見えたのですが、レンズの加減で遠目の画に。 こういう夕陽写真は前回の記事みたいに黒潰れを持ち上げなくても全面がシルエットの方が良い写真になります。(個人的な感覚ですが) 3枚目は陽が沈んた後にスローシャッターで撮影した噴水。宇宙との交信施設ではございません。

そしてここからは本日19日に撮影した地元泉大津の鉄塔と夕陽の組み合わせ。仕事終わりから日の入りまでに地元に帰れるかどうかのギリギリだったのですが、なんとか沈む直前に撮影場所へ到着。一枚目の位置からだと住宅に沈んでいく状態でしたが、少し位置をずらしてみたところでちょうど鉄塔の根元に沈む夕陽を見ることが出来ました。アップも良かったですが、遠目の全景も素敵だったので3つの距離の写真をアップします。

そして帰宅前には家の前でたたずむ野良猫。

冬場は日の入りが早いことと寒さであまり夕陽を撮ることがなかった(というわりにはそこそこ撮っていましたが・・・)のですが、これから夏にかけてはアクティブに撮っていきたいとおもいますのでまたお付き合いください。


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS XF35mmF1.4

Instagram