nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

小松緑道から泉大津大橋へ・阪九フェリーと夕陽と明石海峡大橋と ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.11.1/11.15

決して地元愛の強い人間ではないのですが、見慣れた景色というのはなぜか愛着がわくもの。今日はそんな風景をご紹介いたします。

記事は前半が11月1日に撮ったもの。まだ紅葉が始まったばかりのころの遊歩道の写真です。モニターで借りていたXF23㎜の撮影にと出歩きました。後半は11月15日。空気の綺麗な日に撮った夕陽の写真です。

泉大津駅から徒歩5分くらいのところから港のに向かう「小松緑道」という遊歩道があります。↓はその入り口辺りにある某工場跡にある広場にたたずむ泉大津市ゆるキャラおづみん」の像。今年は未年だというのに結局ブレイクすることもなかった悲しいキャラクターです。市の広報の問題なんでしょうが・・・・ゆるキャラグランプリンは何位だったんだろう。

このおづみんの広場と消防署&市民会館の間を海に向かって歩くと階段が見えてきます。登るとこんな風景。アルザタワーズが見えます。って地元民にしか伝わらない名称。駅前にあるツインタワーです。関空開港に合わせてつくられたバブルの遺産。。。

ここから緑道がスタート。両サイドに草花が繁っています。足元には小さな花。

と思いきや、すぐに何やら広場が。通称「階段の公園(そう呼んでいたのは我が家だけかも)」。オヤジとキャッチボールをしたり、テニスの壁打ちをしたりと思い入れのある場所(何度あの塀の奥にボールを入れてしまったことか・・・)。 今はボーダーたちの練習場になってます。

捨てられたのか、パクられた残骸なのか、謎の自転車。

そして水道場はこんな素敵なアートに・・・・・

ええ、酷いもんです。これを見るとわかると思いますが・・・ええ、決して治安の良い場所ではないです。朝~夕方はウォーキング、ランニング、そしてペットの散歩と色々な方が行きかいますが、夜は行かない方がいいです。

遊歩道の両サイドには木が植えられていますが、中にはこんな小さな木も。ほのかに紅葉している感じが綺麗です^ ^

撮影は11月1日。まだほとんどが緑でした。

ほんの少し色づいているものも。

この錆びた鉄の柵。昔からあるんですが、いまだ使い方がわかりません。自転車置き場に見えなくもないんですが、「こんなところにわざわざ自転車置くか?」という場所なんです。

天気は薄曇りでしたが時おり木々の間から優しい光が射しこむ一日でした。

奥に見えるのは阪九フェリー。その名のとおり、大阪と九州を結ぶフェリーです。

そしてこちらが泉大津大橋。曇り空で暗い写真なんですが、独特の雰囲気があって好きな場所です。以前映画に使われたこともあります。なんの映画やったかな・・・

ランニングするときはこの橋の上までいくか、渡りきるか、いや手前でやめておこうか、悩むところです。渡りだすと結構な距離と結構な急こう配です。この日はここでUターン。

と、こんな感じの遊歩道です。先ほども書きましたが夜は怖いです。街灯はありますが、ランニングとかくらいでないと歩く場所ではないと思います。朝や昼間の良く晴れた日はぶらりすると気持ちいいですよ^ ^

ここの緑道、そしてこの奥の橋ととその先の埋め立て地。あまり詳しいことはわかりませんが、府の管轄だとかで市もはあまり手を出せず、かといって府が整備してくれることもなく。要するに宙ぶらりんの場所です。ですから結構放置気味で、荒れてる場所も多いです。こういうところが綺麗になれば市民の憩いの場所になると思うんですが、そういうところへはなかなかお金がかけられないんでしょうね。良い場所なのに勿体ないです。

さて、ここが「良い場所」と言えるのは小松緑道の先にある先ほどの黄色い橋、泉大津大橋の存在があります。一際存在感のあるあの黄色い橋。その上に上ると大阪湾を一望することができます。とくに空気の澄んだ日には大阪平野阪神間明石海峡大橋、淡路島、大阪南部という景色を一望することが出来るんです。そして夕陽がまた綺麗。

ということで訪れたのは↑の写真の2週間あと。2日ほど雨が降って、その日の朝まで雨だった日曜日。こんな日は空気が澄みきっていて必ず綺麗な景色が見えます。用事で出ていて夕方に帰ってきたのですが、そこから小松緑道を走ってなんとか夕陽の時間に間に合いました。

泉大津大橋の中央に着いた時間には雲が結構広がっていましたが、青空もそれなりに出ていました。空気は今までで1,2を争うくらいの澄みきり具合。明石海峡大橋と大阪湾に浮かぶタンカーがはっきりと見えていました(空気が汚れているときはぼんやり見えたらいいほうです)。ここは大阪一明石海峡大橋が綺麗に見える場所です(自称・・・)。

こちらは泉大津大橋から大阪の南の方に目を向けた風景。阪九フェリーの方向に夕陽が沈みます。雲は厚いですが、夕日が沈む方向は開けていました。

しばらくすると、少しずつ夕陽が覗きはじめます。雲の中から夕陽が降りてくる風景、大好きです。

明石海峡大橋とタンカーもほのかに赤く染まってきました。

夕陽が少しずつ沈んで来て・・・

船に沈んでいきます(上と少し撮影位置を変えています)

そして再び雲の中へ。

夕陽が沈んだくらいが一番綺麗な空色に感じるのは私だけでしょうか。

ということで完全に沈んでしまいました。水平線の彼方が赤く染まる様子はなんとも言えません。

薄暗闇のなか、小松緑道を歩いて帰路に向かいます。夕暮れのクレーンは物寂しい雰囲気があります。

鉄塔と三日月

そして小松緑道の入り口から見る景色。夜はフットサル上の灯りが綺麗です。

南の空はまだほのかに赤く。遠くの鉄塔が赤く染まる空と良いコントラストでした。

ということで今回は地元の風景でした。地元の方以外の方が来てブラブラするような場所ではないと思いますが、興味がございましたらぜひ駅からブラブラしてみて下さいね^ ^おづみんの像と、泉大津大橋の上から見る景色だけでもなかなかのものですよ。


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS

        XF23mmF1.4 R(モニターレンタル)

Instagram