nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

武田尾廃線跡へ・前編(生瀬駅~武田尾駅)~with FUJIFILM X-T1~ 2015.05.31

5月31日、仲間とともに旧JR福知山線廃線跡(武田尾廃線跡という名称のほうが通っているでしょうか)へハイキングに行ってきました。JR宝塚線生瀬駅武田尾駅の2駅間にある、JR宝塚線(旧線)の廃線跡を歩きます。

ここは1986年に新線(現福知山線)開通に伴い廃線になった後、一時立ち入り禁止となったそうですが、その後ハイカーが自己責任を負う条件で、ハイキングコースとして開放されているとのことです。 (wikipediaより) 行程途中には食事をする所はもちろんのこと、お手洗いもございません。整備されている武田尾駅から数百メートル圏内にのみお手洗いがありますが、そこまでございませんのでご注意ください。また、先にふれたとおりJRも西宮市も管理外としているため、行程内での事故等はすべて自己責任となります。

とはいえコースは非常に歩きやすいなだらかな道で、老若男女たくさんの人々が訪れている人気スポットでもあります。この日も生瀬の駅前から親子連れ、カップル、僕らのようなサークルグループ、そして少年団のような一団もありました。

生瀬駅からはしばらく道路沿いに歩きます。

この道路沿いにも所々に風情のある景色が見られました。

↑煉瓦作りの橋げたの跡でしょうか?

↑こちらは現在の福知山線

中国自動車道を通り抜け、いよいよ廃線へと向かいます。

↑徐々に住宅から離れていきます。

↑入り口辺りの風景です。ここからこの峡谷沿いに歩いて行きます。平坦な道ですが、所々に枕木が残っていて、廃線の跡を感じさせてくれます。

↑枕木の跡です。ここを走っていた列車からはどんな景色が見えたのでしょうか。

↑岩の隙間に咲く花。望遠レンズが欲しかった一枚。

そしてこの先に一つ目のトンネルがありました。なかなか物々しい雰囲気です。下の写真は三脚を立ててスローシャッターにて撮影しているため、明るさが撮れていますが実際は真っ暗で、懐中電灯は一人一つ必須だと思います。

トンネルを抜けるとまた同じような遊歩道が続きます。ミニトトロでも歩いていそうな景色です。

私は「川沿いを歩く」ということがただただ大好きなので、同じような景色がずーっと続くこの道も飽きずにずっと楽しんでいられます。新緑が本当に気持ち良かったです。(ただし若干毛虫&それが成虫になったであろう蛾が多いのが大変でした・・・・)

下は2つ目のトンネル。こちらには大きな枕木が立てかけられていました。

そして真っ暗なトンネル内でライトペインティングがしたいということで・・・・

パートナー作。これを1発で書き上げるセンスは凄いです。(違う絵で2,3回練習はしましたが)

ひとまず前編はここまで。後編はこちら↓

nobuo-photolife.hatenablog.jp


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS

Instagram