nobuo_photo’s diary

旅の思い出、日常のあれこれ、いまは泉南の風景などを気ままに書いております。

満開の桜 琵琶湖疏水めぐりの旅(前編・丸太町~インクライン) ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.04.04

京都の桜を見たくて、4日(土)に京都まで行ってきました。金曜日~日曜日までずっと雨の予報でしたので、週末はもう桜は見られないと思っていました。ですので木曜日の仕事帰りに今年最後の桜と岸和田城の夜桜を見てきたのですが(後日アップします。)、金曜日の夜に『明日晴れるから京都おいで』と声をかけてもらい、天気予報を確認すると曇り~晴れになっていたので朝から南海~御堂筋~京阪と乗り継いで京都に向かいました。京阪電車の車窓から見える景色はず~っと桜が見えて、本当に綺麗でした。

メインの目的地はインクライン。丸太町から疎水沿いに歩いてインクラインに向かう予定でしたが、特急が丸太町に止まらないことをすっかり忘れていて(丸太町で降りるなんて大学の時に試合で京大に行ったときくらいでしたから・・・)出町柳に到着。

折り返す電車まで時間がかかるので、出町柳から鴨川沿いを歩いて丸太町へ向かいました。

雨どころかこの見事な青空。前日までの天気予報だとこんな天気で京都の桜を見られるとは思っていなかったので感動でした。気分よく鴨川をぶらり。(丸太町での友達との待ち合わせ時間が迫っているにもかかわらず写真を撮っていることは内緒です。)

快晴の鴨川沿いと桜並木。最高です。

振り返ると澄んだ景色が広がっていました。所々にお花見のためのブルーシート。楽しい宴会になりそうですね。

空も地面も青々として本当に綺麗でした。前日に雨と風が強かったので、桜の花も若干散っていました。でもまだまだほぼ満開で、それでいて散った桜も見れて、まさに最高の見頃でした。

丸太町で友達と合流し、ここから疎水沿いにインクラインに向かいます。丸太町からちょっと南に歩いた場所、疎水が鴨川に流れ出る場所です。沿道には絶え間なく桜が並んでいました。

夷川発電所です。大正時代に完成し、当時の京都の電力を支えたそうです。

琵琶湖疎水記念館のあたりから出ている舟。一度乗ってみたいものです。

少し早目のお昼を「だる満」さんにて。おばんざいバイキングが美味しいそうですが、バイキングを食べられるほどお腹が空いていたわけでもないのであっさりとしたものを。「ひやし焼き鴨のせそば」(ちょっと名前違うかも・・・)舌を噛みそうなネーミングでしたがとても美味しかったです。鴨ってスライスしたものしかイメージがなくて、こういう形で焼かれたものは初めてでした。鶏よりも歯ごたえがありました。 写真はレンタル中の単焦点で。F1.4の明るいレンズ。少し絞って撮りましたが完全にボカしすぎた写真に・・・。もっと考えて撮らないといけませんね。

お店を出ると空がどんより曇り始めていました。昼からは曇り~雨となっていたので昼前後くらいまでは晴れてるかなと考えていましたが、思ったよりも早く曇り始めていました。

平安神宮の鳥居です。

京都市美術館。なんとなくタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

ここから蹴上インクラインに入ります。曇り始めた空でしたが、ここから少しずつ天気が回復し始めました。青空のインクラインを撮りたたかったので嬉しかったです。

影でわかりづらいですが、振り向きざまのお兄さんが何を撮っていたのか気になります。 ここからは本当に人が多く、アップできそうな写真が限られました。もう少し全体がわかる写真を載せたかったのですが、この時間(12時頃)では難しそうです。来年以降に始発で行ってみたいなと思います。許可のない顔写真は載せるべきでないと考えていますのでアップできませんが、沢山の人がいて、同じように写真を撮っていたり、家族やカップルでお弁当を食べていたり、レールの上を歩いたり、見ているだけで楽しくなる景色でした。外国の方も本当にたくさんいらっしゃっていました。

ここからはそんななかでアップできる、何枚かです。

元々の風景も、桜の景色素晴らしく、そして老若男女、国籍関係なくみんな笑顔で集まる空間がそこにありました。それだけでもここに訪れて良かったと思えます。

この蹴上インクラインを含む琵琶湖疏水は、灌漑、上水道、水運、水車の動力を目的として琵琶湖から京都に水を引くために、大正~明治に着工された歴史ある建造物です。その目的なんかも知ると、この場所がもっと好きなれると思います。下記の京都市水道局HPに詳しく書かれていますので良ければご覧ください。

http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000007153.html

ここから南禅寺へと向かったのですが、そちらは後編にて。

nobuo-photolife.hatenablog.jp

今回の行程(前編・後編含め)は↓を参照ください。(ルートは自動で検索されるため、実際の行程とは若干ことなります。)

なお、この日の撮影はモニターキャンペーンで1か月お借りしている「XF35mmF1.4 R」にて撮影しました。明るい単焦点で非常に描写力も高いと評判のレンズです。便利なXF18-135mmに慣れているので、構図を決めるのには苦労しましたが、その分写真の仕上がりは非常に綺麗だと感じています。また、サイズがコンパクトなのでぶら下げて歩くにはちょうどいいです。1か月のレンタルなので、今月はこれで色々と撮影していきたいと思います。


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF35mmF1.4 R

Instagram