nobuo_photo’s diary

日常の風景から旅の思い出まで。フォト日記を不定期アップしております。

夜桜撮影の難しさ(仕事帰りの久米田池&岸和田城) ~with FUJIFILM X-T1~ 2015.03.31&04.02

先日の記事と時系列が逆転しますが、3月31日に久米田池・寺に、4月2日に岸和田城にそれぞれ夜桜を見に行ってきました。この週の週末、土曜日(4日)に皆既月蝕が予定されていましたので、本当はその日にどちらかに行って桜と月蝕をとりたいなと考えていたのですが、週間予報で金~日曜日は全て雨と出ていましたので(結果的に京都の記事通り、土曜日は夕方まで良い天気でしたが)、雨で桜が散る前に満開の夜桜を撮っておこうと、仕事帰りに立ち寄ることにしました。

まず3月31日。岸和田市の少し山手にある久米田池と、その隣にある久米田寺に向かいました。ここは一昨年に初めて訪れ、今回は2回目。大きい池の周りに桜並木があって、夜は灯篭で照らされ綺麗な夜桜を見ることが出来ます。 (場所はこちら↓)

桜の下がちょっとしたなだらかな土手になっていて、そこに腰をかけて花見をされている方がたくさんいて良い光景でした。そこまで知られた場所ではないのでごみごみしてないのも素晴らしいです。のんびり夜桜を楽しみたい方にはお勧めのスポットです。

こちらは久米田寺。お堂と月が良い組み合わせでした。

街灯と桜。白色灯に照らされ、真っ白に見えた桜もなかなか見事でした。

さて、以上で久米田の写真は終わりなんですが・・・・・正直あまり良い写真が無かったんです。かなりの枚数を撮りましたが、ほとんどが使い物にならず、なんとかまだお見せできる範囲なのがこの数枚です。自分の写真のハードルが相当低い僕でも「さすがにこれは・・・」なものが殆どでした。それくらい夜桜というのは難しかったです。

まず何より暗さです。手持ちのレンズはXF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS 1本。決して明るいレンズではありません。そのためシャッタースピードが落ち、ブレやすくなってしまいます。写真の下に記載されているISO感度が3200以上は全て手持ちで撮影。このレンズは強力なレブレが付いていますがそれでもだいたいブレていました。まぁ腕のなさが原因なんですが・・・・。人も少なくスペースもあったので、何枚かは三脚に立てて撮影しましたが、この日は風が強く、スローで撮るとそれそれでボケボケの写真になってしまいました。

それに加えて、ホワイトバランスの難しさがあります。桜のほのかなピンクを表現したいけど、夜のライトアップで色々な色のライトが照らしているのでどうにも元々も色ではなく白っぽくなってしまいます。それをホワイトバランスの調節で、実物に近いピンク色に寄せようとするのですが、それをやり過ぎると全体的におかしな色になってしまいます。

X-T1での初めての夜桜撮影で、一枚一枚シャッタースピードISO感度F値、そしてホワイトバランスをあれでもないこれでもないといじくりまわして、なんとか頑張ったなかの8枚ですので大目にみてやってください。

 

その2日後、夜桜撮影のリベンジをと桜満開の岸和田城へ。

先日夕方の桜を見たばかり(記事はこちら)でしたが、夜桜はまだ見たことがなかったのでこちらも仕事帰りにぶらり寄ってみました。岸和田城はいつもそんなに人がいないので、車も簡単に停められるだろうと思っていたら駐車場は一杯で駐車待ちの車の列。30分くらい待って、それでも運よく空いたところに入れられましたがタイミングが悪ければそのまま帰らないといけなかったかもしれません。

想像以上の人で、とても三脚なんて立てたら迷惑この上ないので全て手持ちで撮影してみました。(お構いなしに三脚立てていらっしゃる方もいましたが・・・・たぶん私有地に・・・あれはやめてほしい。)

ここでもやはり手ブレとホワイトバランスに苦労しました。

こちらだけ三脚代わりに柵の上にカメラを載せてスロー気味に。よく見る夜桜の神々しい写真を撮りたかったけど・・・なんか違いますね。難しい・・・・

逆さ岸和田城と桜。これはお気に入りです。ここの桜の色、ピンクを出そうとするとお城も赤っぽくなってしまうのでバランスがなんとも難しかったです。

こちらは逆さ岸和田城に絞って撮影。ここの位置の景色は好きです。 以前秋に撮影に来た際に某マダムに教えて頂いたスポット。

nobuo-photolife.hatenablog.jp

岸和田城でもほとんどの写真はやはりボツでした。夜の撮影も腕を磨いて、また来年リベンジしたいなと思います。

余談ですが、岸和田城の夜桜はちょっと残念なことも多かったです。お城と桜が一番綺麗に見えるこの位置に屋台と車がずらり。

この道は公道なので仕方ないのですが、普段はこんなことにはなりません。夜桜を見に来られたかたが、この手前にある市役所の駐車場の少ないスペースに留められず、この奥にある駐車場に向かうための行列です。でもこの手前にもう一つおおきな駐車場(市役所の)があり、そこは閉鎖されていました。この状況は景観もそうですが、事故やトラブルにも繋がりかねない(実際違法駐車の車とトラブルになる方など見受けられました。)のに、取り締まる人もいなければ、車がそこらじゅうで右往左往するなか、駐車場へ誘導する人も見当たらない。そもそも入り口にある大きな駐車場がなぜ閉鎖されているのか。この時期くらいはちょっと人員を増やして・・・と思ってしまいました。

それと、ここに屋台が必要なのかな・・・とも。せめてこの道路の反対がに限定すれば、もっと桜とお城の素敵な景色を多くの方が楽しめるんじゃないかな・・・と思ってしまいました。けっして「このせいで写真が撮れなかった!」とかいう我儘でなく、せっかくの景色が勿体ないなという程度でございます。あとは通路のど真ん中にシートを敷いて花見をされたり、立ち入り禁止のとことにシート広げたり、そしてさっきも書いたけど私有地に三脚立てたり・・・

来年もリベンジって書きましたが、ちょっと桜の時期は悩むかもしれません。また秋口の静かなときに来ようかな。


撮影カメラ FUJIFILM XT-1

使用レンズ XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS

Instagram